もう貸してくれない!自転車操業主婦の借金返済救済マニュアル 

たった5分で実行に移せる!過払い金請求法

一人でできるだれにも迷惑をかけない借金整理と知って得する過払い請求の基礎知識から手続きまで解説します

サイトマップ

一度チャラにするか返済し続けるか|整理法と専門家の選び方

破産をすることによって、一度全てを清算するか、返済をしながら再起のタイミングを図るかを選択しなければいけません。



判断基準として挙げられるのは「毎月の返済額が減れば生活や営業の見通しが立つか?」「絶対に持ち家を守りたいという思いがあるか?」などです。

このような判断基準を立てることによって、間違った選択を避けることができます。

返済額が減ることによって、生活や営業が出来ることになるなら、民事再生を進めても可能性はあります。

もし、持ち家は絶対に守りたいと考えるなら、破産は選ぶことはできません(半年ほどの短期間だけ持ち家に住むという考えなら、不動産売却が終えるまでは住むことができます)。

破産を避けた場合、任意整理特定調停民事再生のいずれかを選択しなければなりません。

この選択も簡単な判断基準で選ぶことが間違いを避ける方法です。

「費用面は多少かかっても大幅に減額したいと考えている」、「借金の総額が年収の1.5倍以上ある」などの判断基準が有効です。

もし、年収の1.5倍以上の借金があるなら、3〜5年での返済が必要な特定調停や任意整理では難しいと考えられます。

その場合は、必然的に民事再生を選ぶことになるでしょう。

破産や民事再生を進めるには専門的な知識が求められるため個人ではなかなか難しいとされています。

また、会社が民事再生を申し立てる場合は当座の運転資金や予納金などの現金が必要となるので、注意しておきましょう。

【借金完済計画】
借金が膨らんだらすること
あなたに合った整理法(任意整理・特定調停・民事再生・破産)
整理法と専門家の選び方
高利の利息は払わなくていい
グレーゾーンに気をつける
グレーゾーンは払わなくていい利息だが
任意整理と特定調停どっち
破産と民事再生どっち
破産は絶対に避けるべきか
破産は弁護士が儲かるのか
一度チャラにするか返済し続けるか
一人で借金整理する方法
弁護士と司法書士・行政書士・コンサルタント
コンサルタントに任せるのは危険
悪徳弁護士に気をつけろ
弁護士の本音
弁護士チェック法
報酬は一括で支払う
弁護士には全て話そう
受任通知とは
受任通知発送には準備がいる
過払い金を取り戻せ
破産と民事再生の手続き
借金整理と不動産
借金整理QA
人生の再起に向けて
借金前の自分に戻れる借金返済スーパーテクニック21
リンク集
過払い金強奪プロジェクト「ワルの超借金返済術!」
天国か?地獄か?ここが運命の分かれ道!元取立て屋が教える〜ブラックリストへの記載をされずに過払い金請求をする方法!〜
知って得する、知らないと損している!?〜自分でできる過払い金返還請求マニュアル〜

住宅ローンは自分で払うな!「お金を生む家」で資産形成する方法
金利 安い









もう貸してくれない!自転車操業主婦の借金返済救済マニュアル All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。