もう貸してくれない!自転車操業主婦の借金返済救済マニュアル 

たった5分で実行に移せる!過払い金請求法

一人でできるだれにも迷惑をかけない借金整理と知って得する過払い請求の基礎知識から手続きまで解説します

サイトマップ

任意整理と特定調停どっち|整理法と専門家の選び方

借金整理の方法は大きく分けると四つになります。



まず考えるのは任意整理特定調停の二つ。

返済額が年収の1.5倍を超えていない程度の返済額なら任意整理で進めるのが良いとされています。

もし、返済額がこれ以上になる場合は任意整理と特定調停の二つを十分検討してから決定するべきです。

この二つの違いを簡単に言うと、手間をとるか?費用をとるか?の違いです。

任意整理を個人で行う場合は面倒な手続きが必要ですが、弁護士に依頼すればほとんどの手続きはスムーズに進めてくれるため、手間がありません。

法的な知識がなくても、弁護士が代わりに業者と戦ってくれるので非常に安心できます。

特定調停は基本的には弁護士に依頼することはありません。

そのため、費用面では任意整理の比べると低額で済みます。

二つの借金整理を減額の割合で比較してみても、ほとんど差は生まれません。

任意整理は利息制限法への引き直しを再度計算し、支払い回数などの設定を業者と交渉するという手間がかかります。

手間だけでなく、精神的なプレッシャーも大きいため、弁護士に依頼する方がメリットも大きいともいえます。

【借金完済計画】
借金が膨らんだらすること
あなたに合った整理法(任意整理・特定調停・民事再生・破産)
整理法と専門家の選び方
高利の利息は払わなくていい
グレーゾーンに気をつける
グレーゾーンは払わなくていい利息だが
任意整理と特定調停どっち
破産と民事再生どっち
破産は絶対に避けるべきか
破産は弁護士が儲かるのか
一度チャラにするか返済し続けるか
一人で借金整理する方法
弁護士と司法書士・行政書士・コンサルタント
コンサルタントに任せるのは危険
悪徳弁護士に気をつけろ
弁護士の本音
弁護士チェック法
報酬は一括で支払う
弁護士には全て話そう
受任通知とは
受任通知発送には準備がいる
過払い金を取り戻せ
破産と民事再生の手続き
借金整理と不動産
借金整理QA
人生の再起に向けて
借金前の自分に戻れる借金返済スーパーテクニック21
リンク集
過払い金強奪プロジェクト「ワルの超借金返済術!」
天国か?地獄か?ここが運命の分かれ道!元取立て屋が教える〜ブラックリストへの記載をされずに過払い金請求をする方法!〜
知って得する、知らないと損している!?〜自分でできる過払い金返還請求マニュアル〜

住宅ローンは自分で払うな!「お金を生む家」で資産形成する方法
ろうきん 住宅ローン 金利



もう貸してくれない!自転車操業主婦の借金返済救済マニュアル All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。